徳島市でピアノを習うなら

たけばやし音楽教室

私的おススメ音楽読み物 その4

   

ピアノ教室 徳島市

「最後の秘境 東京藝大 天才たちのカオスな日常」

二宮 敦人著、新潮社刊。

帯には「全国の書店で爆発的に売れています!」の宣伝文句が。その他「入試倍率は東大の3倍!」「卒業後は行方不明多数」と興味をそそる煽り文句に、藝大をよく知らない方も「ちょっと読んでみようか」と言う気にさせる本です。

国内に「芸大」を名乗る大学はいくつかありますが、わざわざ「藝大」と旧漢字で表記するのはここ「東京藝術大学」だけです。

それだけで彼らのただならぬ「こだわり」が、ヒシヒシと伝わってきます。

東京藝大は「美術学部(通称:美校)」と「音楽学部(通称:音校)」の2つの学部から成り立っています。

筆者は奥様が美校の彫刻科の現役学生との事で、藝大生の生態に好奇心を持ち、美校だけでなく音校にも取材を試みています。

そこで出会った方々のビックリ生活ぶりは、「のだめカンタービレ」で広く知られる事になった音大生の奇人・変人の有様が、「ああ、やっぱり・・・」と納得させるに足る内容となっています。

ちなみに私は音大受験までお世話になった恩師が東京藝大出身だったので、音楽学部の学生の日常が記述通り(ピアノ専攻の学生はケガを恐れて洗い物どころか自転車にも乗らない、その他の器楽専攻の学生も毎日9時間練習等)なのは常識(?)として知っていたので、特筆する程でもないと思っていました。

しかしやはり一般の方々からすれば、だいぶ、いやかなり「奇天烈」なのだなと認識を改めました。

そして私自身もこちらの本で、今まであまり知る事の無かった「美校」の学生の姿も垣間見る事が出来ました。

金槌は大体20本くらい持っていて、それぞれを自分が使いやすいようにカスタマイズする、そうやって自分仕様にした工具で1年がかりで製作した作品を、展示が終わったらあっさり廃棄してしまう辺りは著者でなくても「もったいない」と思いますし、鬼気迫るものさえ感じます。

ですが我々が探求しようとしている「音楽」は、もっと刹那の芸術、録音していなければ時間の経過と共に消えてしまう、いわゆる「時間芸術」です。

指揮科の学生さんが「楽譜どおりに演奏するだけではダメなんです。作曲家の込めたものを汲み取らないと、曲の魅力は引き出せません」と語っていますが、その姿勢は藝大生であっても、プロの演奏家であっても、小学生であっても大して差は無いと思います。

「でもそこまで徹底して演奏しても、それが聴いている人に伝わりますか?普通の人はそんな所まで気にして聴いてないですよ」と言う意見もあるかと思いますが、残念ながらその通りの場合もあるでしょう。

しかし着物の裏地にこっそり柄物をあてるかの如く、一見、誰にも気が付かれない部分にまでこだわるのが「粋」であり、「芸術」なのだと思います。

そうやっていれば、いずれ誰かがその「こだわり」に気が付いてくれる可能性もあるでしょう。

「こだわり」を追求するあまり世間の常識から外れてしまった愛すべき非常識人達の生き様、音楽が好きな方には共感できる所があるのではないかと思います。

 - 徒然

  関連記事

ピアノ教室 徳島市
本気でやると言う事

11月の末は毎年「秋休み」と称する1週間ほどレッスンのお休みがあります。 今年は …

ピアノ教室 徳島 レッスン
被災地の支援について考えてみました。

このたび熊本・大分地域を震源とする地震で被災された皆様に、心からのお見舞いを申し …

ピアノ教室 徳島市
秋の夜長は・・・。

実家の母よりスダチのおすそ分けがありました。 母の知人の農園で栽培しているらしく …

ピアノ教室 徳島市
指導者セミナーin東京

22日(日)、東京の浜離宮朝日ホールにて行われたピティナ(PTNA:一般社団法人 …

ピアノ教室 徳島
いつもお花を

最強寒波の影響で、日曜日は徳島市もかなり積雪し 窓からの景色は一面の銀世界でした …

ピアノ教室 徳島 レッスン
鳴門アカデミー合唱団

私が参加させて頂いている「鳴門アカデミー合唱団」の第3回演奏会チラシです。 3月 …

ピアノ教室 徳島市
あすたむらんどイルミネーション2016

日曜日に板野町にある「あすたむらんど徳島」のイルミネーションを観に行きました。 …

ピアノ教室 徳島 レッスン
私的おススメ音楽読み物 その1

「四月は君の嘘」全11巻。 新川直司著、講談社コミックス。 2012年度マンガ大 …

ピアノ教室 徳島市
久々の再会

今日は同業者の友人に久しぶりに会ってきました。 友人が遠方に引っ越してから約2年 …

ピアノ教室 徳島市
秋に寄せる

10月も中旬に入り、ようやく夏の暑さも和らぎつつあります。 掃除中に窓を開けてい …