Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pianohp05/takebayashipiano.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pianohp05/takebayashipiano.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pianohp05/takebayashipiano.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pianohp05/takebayashipiano.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

徳島市でピアノを習うなら

たけばやし音楽教室

調号の練習

   

月曜日のブログに書きました「教室内クライマックスシリーズ(?)」の結果ですが、無事にS君が「兄の威厳」を見せて逃げ切りました。

(正しくは次のテキストに進みました、です。)

ピアノ教室 徳島市

手に持っているのは「バーナムピアノテクニック 全調の練習」です。

調号が増えても譜読みを嫌がらない練習方法

調号とは、拍子記号(楽譜の最初に書いてある4分の4や4分の3などの分数)の次に書いてあるシャープやフラットの事です。

ピアノに限らず音楽の勉強には、この調号が常について回ります。

何と何の音にシャープ、もしくはフラットが付くという事を念頭に置いて演奏しなければ、その曲らしく聴こえません。

ピアノの場合はシャープ、フラットの音を表す場合において、鍵盤上の黒い部分、いわゆる黒鍵を弾かなければならないので、この「調号への意識」はとても重要です。

この「調号への意識」の向け方は、ズバリ「初級の段階から調号がたくさん付く曲を練習し、調号に慣れる」です。

ちなみに上記のバーナム教則本では、シャープ・フラット共に一番多くて7つ付きます。

そうして初歩の時点から調号への苦手意識を持たせないようにする事が、今後難しい曲に出会った時にも尻込みせず積極的に学習に取り組む姿勢につながると考えています。

S君の場合は教本を1曲ずつクリアしていく事にやりがいを感じるようなので、調号もゲーム感覚的に楽しんでくれたらいいなと思います。

 - レッスン♪

  関連記事

ピアノ教室 徳島市
ツェルニー(チェルニー)頑張っています。

今日も「ごほうびグッズ ゲット達成!」の生徒がいました。 Aちゃんです。実は先週 …

ピアノ教室 徳島 レッスン
ピアノを習うメリット

今日は大学に進学してレッスンを再開してくれたH君のピアノレッスンでした。 3月に …

ピアノ教室 徳島市
2018年度 連弾合同レッスン その12

さてご紹介している連弾ペアも残り少なくなって参りました。 本日は2組のぺアをご紹 …

ピアノ教室 徳島市
リトミックレッスン2019 その1

昨年の11月にお試しで行ってみた「ダルクローズ・リトミック」レッスン。 「楽しか …

ピアノ教室 徳島 レッスン
新年度への準備

4月からのレッスン開講予定表を作成しました。 また私の教室は一年毎にレッスン時間 …

ピアノ教室 徳島市
2017年 連弾合同レッスン その5

本日の連弾合同レッスンのペアは小学1年生同士のSちゃんとMちゃんです。 2人は同 …

ピアノ教室 徳島市
ドレミは日本語?

私の教室ではピアノを習い始めて日が浅い生徒さんは、発表会に参加しません。 人前に …

ピアノ教室 徳島市
主体性を持って学習する

今日は11月6日に行われる公開レッスンのもう1人の代表生、Hちゃんのレッスンがあ …

ピアノ教室 徳島市
ごほうびグッズ ゲット達成!3

今日は3人目のゲット達成者が現れました! Hちゃんです。 最近は毎日ピアノの練習 …

ピアノ教室 徳島市
ツェルニーってどんな人?

今日も「スケールテスト」合格者が現れました。 Aちゃんです。この後にお姉さんのY …