徳島市でピアノを習うなら

たけばやし音楽教室

私の目指すレッスンの在り方

      2017/04/20

学校の新学期がスタートして早3週間。進学・進級した生徒さん達もそれぞれの新しい生活に少しずつ慣れてきた頃だと思います。

私自身、発表会本番の演奏や参加者全員の感想文を読ませてもらい、特にレッスンを再開した大人の生徒さんや、他教室から移ってきた子供の生徒さんの感想を参考に今後のレッスンの方向性を模索し計画を練っている最中です。

私や当教室に最初から在籍している人は「このレッスンが普通」と考えていますが、どうやら再開した大人の生徒さん達から言わせると「自分達が習っていた頃のレッスンと全然違う」との事らしいです。

レッスンとは出来る様になるための方法を学ぶ事

私は「レッスンとは弾けない箇所をどうすれば攻略できるか共に考えて実践してみる事」であると考えています。

この場合の「弾けない箇所」とはテクニック的に難しい事から、一通りは演奏できるけれども、どうすれば自分らしい音楽性を表現出来るかまでを含みます。

技術的に難解な箇所は、ただ部分練習を促すだけでなく効率の良い部分練習の方法を提示し、レッスン内で一緒にやってみます。

新しい曲はどのようにアプローチしていけばよいかを一緒に考え、練習の方法をアドバイスしたりします。

また楽曲に応じたハノンやエチュードを提案し、更なるテクニックの補強を促します。

これらは私の教室では当たり前の事として行っていますが、大人の生徒さん方にとっては新鮮に映るそうです。

ほどんどの方が「自分が習っていた頃は出された宿題がとりあえずミスなしで弾けたら合格で、次の曲に進むだけだった。竹林先生の様に具体的な練習方法などは教えてもらった記憶がない」と言われます。

それでも大人になって再開される程、ピアノを好きにさせてくれたので、かつての先生方もきちんと指導されていらっしゃったのだと思います。

ただせっかく習っても、「攻略の方法」の貯蓄が無いと自分が弾いてみたい曲に出会った時、皆目どうしてよいか途方に暮れる結果になります。

また演奏技術だけでなく、和声進行や楽曲分析、作曲された背景も知っていなければ楽曲に込められた作曲者の真の意図を知るには至りません。

ですのでピアノを弾くばかりでなく、歌ってみたり、リズム打ちをしたりするソルフェージュや楽典も必要な科目だと言えます。

そういった意味で私にとってレッスンは1分1秒足りとも無駄に出来ない時間と考えていますし、私自身、レッスンに通ったり勉強会に参加して自分を向上させる努力を怠ってはいけないと感じています。

この点を肝に銘じ、今春からも門下全体の更なるレベルアップを図っていきたいと思います。
ピアノ教室 徳島市

 - レッスン♪

  関連記事

ピアノ教室 徳島市
2018年度 連弾合同レッスン その14

本日ご紹介する連弾ペアは小学2年生同士のEちゃんとSちゃんです。 2人共とても真 …

ピアノ教室 徳島市
玉ひもで指の関節を鍛える

12月に入り、新しい生徒さんが1名入会してくれました。 1月にも3名の方が入会予 …

ピアノ教室 徳島  レッスン
ピアノレッスン時の注意書き

長いゴールデンウィークのお休みも終わり、学校生活も落ち着きを見せ、ピアノレッスン …

ピアノ教室 徳島市
2018年度 連弾合同レッスン その9

本日も2組の連弾ぺアをご紹介します。 昨年4月からお稽古を始めた4歳のAちゃんと …

ピアノ教室 徳島 赤ちゃん
ピアノ教室の選び方

3学期が本格的にスタートしましたね。 「1月行って2月逃げて3月去る」と昔から言 …

ピアノ教室 徳島市
ピアノの練習に向かわせるには

5月の中旬を過ぎ、学生の方達はそろそろ新しい生活にも慣れてきた頃だと思います。 …

ピアノ教室 徳島市 レッスン
ピアノの脱力方法 その1

ピアノにおいても「脱力」という意識はとても大切です。 文字通り「力を抜いている」 …

ピアノ教室 徳島市
ピアノの練習はいつする?

徳島は今日も猛暑日の一歩手前といった気温でした。 日々暑さが更新されている気がし …

ピアノ教室 徳島市
公開レッスンのご案内

「教室だより」秋の号でもお知らせしておりますが、11月6日(日)の午後2時より2 …

no image
2017年度 公開レッスンの様子(動画)

2017年度公開レッスン前半の部の課題曲であるギロック作曲「タランテラ」、中間部 …