たけばやし音楽教室@徳島市

ピアノにおける「様式」とは?

   

毎週火曜日の20時57分からTBS系列で放映されている「マツコの知らない世界」と言う番組をご存知でしょうか?

タレントのマツコ・デラックスさんが毎回、様々なジャンルのゲストを招いて1対1でのトークを繰り広げる番組ですが、3月21日に放映されたのは「マツコの知らない劇場&ピアニストの世界」という内容でした。

登場したのはピアニストの「清塚 信也」氏。「のだめカンタービレ」や「コウノドリ」等のドラマや映画の演奏シーンの吹き替えや、ご自身も俳優として活躍されている方です。

番組ではピアニストの厳しい現実や、今後活躍が期待されるピアニストについてなど、面白くて分かりやすくマツコさんと対談していました。

その中でも私が注目したのは、「これを知ればプロの聞き方がわかる!」と言うコーナーでした。

清塚さんはバッハの「主よ、人の望みの喜びを」を2つのパターンで演奏してみせて、どちらが「コンクールで良い演奏とされるか?」マツコさんに当ててもらいました。

正解は最初に弾いた演奏で、理由を清塚さんは「クラシックは歴史の時代背景や作曲家へのリスペクトを演奏に取り入れる事が大事だから」と説明されていました。

作曲家の生きた時代背景を知る

1600年代に生きたバッハの時代には、まだピアノが発明されてなく、同じ鍵盤楽器である「チェンバロ」で作曲も演奏もされていました。

チェンバロはピアノと違いほとんど音に強弱がつかないので、たとえ現代のピアノで演奏する場合であっても、よりバッハの時代の音や演奏に似せる事が正統な演奏とされています。

これを「様式(スタイル)」と呼びます。

今回の発表会でトリを務めたH君が1曲目に演奏したクープランもバッハと同じ時代のフランスの作曲家です。

客席に強烈なインパクトを与えた2曲目に比べ、「なんだか地味な曲だな」という印象を受けたかもしれませんが、もともとチェンバロ(フランスではクラヴサン)で作曲され、あの様に大きなホールで演奏する事など想定されていなかった時代の楽曲なのです。

「音と指づかいが正しいだけが音楽では無い」とは私が常に心掛け、また言っている事ですが、この「時代に応じた演奏の様式」を学ぶ事も作曲家の真の意図を知る手掛かりとなります。

こちらの番組、「民放公式テレビポータル」や「TBSオンデマンド」にて期間限定で視聴可能ですので、興味のある方は是非ご覧になってください。
ピアノ教室 徳島市

 - レッスン♪

  関連記事

ピアノ教室 徳島市
連弾合同レッスン 大人編その1

学生さん達は冬休みに突入しましたが、今回の休みは連休が最初と最後にあるので例年よ …

ピアノ教室 徳島市
2018年度 連弾合同レッスン その17

さて「たけばやし音楽教室2018年度 発表会」もいよいよ明日となりました。 ギリ …

ピアノ教室 徳島市
2017年 連弾合同レッスン その1 

2017年の発表会に向けての連弾合同レッスンは、実は大人の生徒さんペアはもう始ま …

ピアノ教室 徳島市
2018年度 連弾合同レッスン その13

インフルエンザも山場を越えたのか、レッスンの欠席者はいませんが、今度は花粉症のピ …

ピアノ教室 徳島 除湿器
調律

今日は午前中に調律師のHさんに来ていただき レッスン室のグランドピアノを調律して …

ピアノ教室 徳島市
今年度の秋季セミナーについて

8月最終週に突入しましたが、徳島県は今日も猛暑日が続いております。 テレビのニュ …

ピアノ教室 徳島市
サマーチャレンジ 揃い踏み!

2017年度のサマーチャレンジ目標が出揃いました。 今回は特に人数の多い小学生の …

ピアノ教室 徳島市 レッスン
ピアノの脱力方法 その1

ピアノにおいても「脱力」という意識はとても大切です。 文字通り「力を抜いている」 …

ピアノ教室 徳島市 レッスン
リズムカード並べ

今日は7月7日、七夕の日です。 この日に習い事を始めると上達するという言い伝えが …

ピアノ教室 徳島市
連弾合同レッスン その2

風邪やインフルエンザが教室内外を席巻中にて、今週に入り発熱のためにレッスンをお休 …