徳島市でピアノを習うなら

たけばやし音楽教室

ソルフェージュのレッスン その1

   

本日(5月28日)に四国地方の梅雨入りが発表されました。

ジメジメした日が続きますが、レッスンは「明るく楽しく」行っています。

ピアノ教室 徳島市

5月からは「ソルフェージュ強化」を目標に、ピアノ実技以外に様々な角度から「音楽」へのアプローチを試みています。

ちなみに「ソルフェージュ」とは、フランス語で「簡単な歌唱やリズム打ち」や「新曲視唱や視奏、聴音(演奏された旋律や和音を五線譜に書き取る作業)」等、音楽の基礎訓練の事を指します。

ソルフェージュだけで1回のレッスンが終わってしまう程の内容量の多さですが、当教室ではそれぞれの生徒さんのレッスン時間の最初の10分程度を使って少しずつ取り組んでいます。

今日はそのうちの1つ、スイスの音楽教育家エミール・ジャック・ダルクローズが提唱した「リトミック」の中のリトミックソルフェージュから、音階を歌うレッスンについてご紹介します。

リトミックソルフェージュ 音階を歌う練習

手を使って音程を作りながら、ハ長調の音階を歌う練習です。

小学1年のTちゃんです。

レッスンでの口数は少ない生徒さんですが、歌が上手なので、きっとピアノを弾いている最中も心の中で一緒に歌っているのだと思います。

今日は私も一緒に歌っていますが、生徒さんが声を出す事に慣れてきたら先生はピアノを弾いても良いかと思います。

 

Tちゃんの後に来た小学3年のS君と中学1年のYちゃんです。

音程を歌う事にある程度慣れてきたら、お次は特定の音を「心の中」だけで歌う練習をします。

例えば音階の中の「ミ」の音が出てきたら、声に出さずに心の中だけで歌うようにします。

先生と生徒さんの2人だけでする事もありますが、何人かで一緒にすると1人ずつ声に出してはいけない音を決めていくので、歌ってはいけない音がどんどん増えて、(参加者が増えていく音を逐一覚えておくことが重要)よりゲーム性が高まって楽しくできます。

子供と大人の生徒さんが一緒にする事もありますよ。

ダラダラと音階唱を繰り返すよりもずっと集中が増す事で、飽きさせずに正しい音程で歌える様になります。

また最初に「声を出す作業」を行う事で緊張がほぐれ、心なしかどの生徒さんもリラックスしてレッスンに臨める様になった気がします。

 - レッスン♪

  関連記事

ピアノ教室 徳島市
2017年度 公開レッスンの様子(前半の部)

11月5日(日)に本年度の公開レッスンがありました。 講師役は姫路大学教育学部講 …

ピアノ教室 徳島市
2018年度 連弾合同レッスン その12

さてご紹介している連弾ペアも残り少なくなって参りました。 本日は2組のぺアをご紹 …

ピアノ教室 徳島市
連弾合同レッスン その6

発表会前にもなると、日曜日も補習レッスンが入る事もあります。 今日は小学5年生の …

ピアノ教室 徳島市
個人レッスンの強み、グループレッスンのメリット

ピアノレッスンの形態は、ほとんどがマンツーマンの「個人レッスン」が多いかと思いま …

ピアノ教室 徳島市
客観的な視点を持って学習する

水曜日は幼稚園の年長さんが前後で2人、お稽古に通ってくれています。 先にレッスン …

no image
リトミックレッスン2019 その2

7月7日の七夕の日に行われた、第2回目のリトミックレッスンです。 今回のテーマは …

ピアノ教室 徳島 レッスン
指の分化練習

分化とは? 1.単一なものが進歩・発展するにつれて複雑に分かれていくこと。細分化 …

ピアノ教室 徳島市 レッスン
リズムカード並べ

今日は7月7日、七夕の日です。 この日に習い事を始めると上達するという言い伝えが …

ピアノ教室 徳島市
2018年度 連弾合同レッスン その13

インフルエンザも山場を越えたのか、レッスンの欠席者はいませんが、今度は花粉症のピ …

ピアノ教室 徳島市
新しい生徒さん その4

本日は新しい生徒さんの紹介です。 小学2年生のK君です。以前からずっと「ピアノを …