徳島市でピアノを習うなら

たけばやし音楽教室

音楽教室の役割

   

「今週は全部の曜日でレッスン風景の画像をアップしよう」と決めていたのですが、撮影できたのは今日までわずかに1日だけという始末。

言い訳するのではありませんが、レッスンが開始した時はちゃんと覚えているのですが、白熱(?)してくるとついつい撮り忘れてしまい、レッスンが終了する時になって思い出し、反省します。

私が予想している以上に沢山の方がこちらのブログを読んでくれている様で、保護者からも「楽しく読んでいます」「他の生徒さんも頑張っているのが分かるので、励みになります」と好評頂いているので、もっとアップする事を心掛けたいです。

さて本日金曜日は中学生男子達のレッスンですが、うち1人のY君は中間テストの真っ最中なのでお休みです。

しかしもう1人のY君は遠足帰りでもやってきました。

明石海峡大橋を渡って須磨まで行っていたそうで、「帰りのバスの中で寝ていた」らしく、ややお疲れ気味。

それだけでなく中学校に入って半年が過ぎ、色々とフラストレーションが溜まっている様子でした。

「思春期とはそういうもの」と言ってしまえばそうなのですが、Y君の話を聞いていて核心をついている部分もあり、私達大人が思っている以上に子供達は周りをよく見ているのだなとあらためて気が付かされました。

小学生は小学生で悩みがあると思いますが、中学生にもなると今まであまりうるさく言われなった「成績」や「順位」に対する周囲からの風当たりが俄然、強くなります。

本人達からすれば自分なりに頑張っているつもりでも、それが正当に評価されていない事に納得できないのは我が身を振り返ると理解できます。

ですが周りの大人達、特に保護者らの「もっと頑張れるはずだろ」と言いたくなる気持ちも分かります。

子供達も薄々はそれに気が付いているので、そのあたりの葛藤がまさに「思春期」なのだと思います。

長い期間、生徒さんと付き合っていると彼らの心の変遷ぶりを間近で見る事もあります。

子供の頃夢見た「理想」と「現実」の落差、それに向けての「奮起」や「諦念」等、現実と向き合いつつある彼らにとって音楽が心の拠り所となってくれる事を願っています。

また時として悩みを打ち明けられる事もあり、その様な時に教室が「心の避難場所」の役割を果たしていることも痛感します。

現実と向き合う事はエネルギーが必要ですが、音楽も芸術の一部である以上、自らを表現しようとする試みや己の中の混沌とした想いの発露が演奏に奥行きを与えるのもまた事実です。

口では表現できないあれやこれやを、ピアノを通じて誰かに伝える事が出来る事を教えるのも音楽教室の役目と考えています。

ピアノ教室 徳島市

 - レッスン♪

  関連記事

ピアノ教室 徳島市
2018年度 連弾合同レッスン その12

さてご紹介している連弾ペアも残り少なくなって参りました。 本日は2組のぺアをご紹 …

ピアノ教室 徳島市
2018年度 連弾合同レッスン その14

本日ご紹介する連弾ペアは小学2年生同士のEちゃんとSちゃんです。 2人共とても真 …

ピアノ教室 徳島 レッスン
ピアノを習うメリット

今日は大学に進学してレッスンを再開してくれたH君のピアノレッスンでした。 3月に …

ピアノ教室 徳島 レッスン
ピアノは片手ずつでの練習が効果的!

発表会まであと1ヶ月と少しとなりました。 曲が長い高校生や大人の生徒さんは、最後 …

ピアノ教室 徳島市
ピアノにおける「様式」とは?

毎週火曜日の20時57分からTBS系列で放映されている「マツコの知らない世界」と …

no image
リトミックレッスン2019 その3

連日、朝から30度近くの気温に達している徳島ですが、猛暑にも負けず第3回目のリト …

ピアノ教室 徳島市
サマーチャレンジ達成者、4人目現る!

昨日に引き続き、今日も「サマーチャレンジ」達成者が現れました。 小学1年生のSち …

ピアノ教室 徳島市
客観的な視点を持って学習する

水曜日は幼稚園の年長さんが前後で2人、お稽古に通ってくれています。 先にレッスン …

ピアノ教室 徳島市
新しい生徒さん その2

春から教室を移ってきた小学1年のMちゃんです。 本日より「ハタ上げゲーム」を始め …

ピアノ教室 徳島 レッスン
ピアノ発表会の衣装はどうすればいい?その2

今日は祝日ですが、私の教室は年間のレッスン回数が「46回」と 決まっているので祝 …