徳島市でピアノを習うなら

たけばやし音楽教室

クラシック音楽の4つの時代

   

私の教室は現在、下は4歳から上は大人までの生徒さんが在籍しています。

学生の中では大学生の生徒さんが最年長ですが、では一体どんなレッスンをしているかと言いますと教本のレベルこそ違え、内容は小学生と似たような事をしています。

テクニックに始まり、練習曲(エチュード)、バッハ等のバロック時代の曲、そしていわゆる有名曲の4曲体制でのレッスンです。

何故一度のレッスンでこれほど沢山の曲をするのかは、クラシック音楽は時代区分と関係があります。

西洋クラシック音楽は主に大きな4つの時代に分かれていて、古い順に「バロック」「古典」「ロマン派」「近現代」と呼ばれています。

それぞれの時代によって作曲の経緯や演奏の様式(スタイル)が異なっているので、よりその時代の音楽にふさわしい弾き方や音色が出せているかに心を砕かなくてはなりません。

21世紀のピアノレッスンに、何故その様な昔の音楽の学習も必要なのでしょうか。

私はそれは「古文」と同じではないかと考えています。

作曲者の意図にアプローチする

中学校の国語で習う「古文」の中で「をかし」や「あはれ」の様に、現在も同じ言葉があるものの、今とは全く違った意味で使われている場面があったと思います。

その点を考えずに現代語と同じ意味で訳してしまうと、作者の真意と異なる解釈をしてしまう事になります。

それでは作者の意図や当時の時代背景、またその時代の人々の物の考え方や死生観を知る手立てになりません。

同じ日本語であっても現代とは違う使い方をするのだという事を理解し、そうして初めて作者の意図にアプローチする事が出来ます。

その学習の中で、1000年前の人の感性であっても現代人と通じる部分があるのを発見できる事もあるでしょう。

ピアノも「ド」の鍵盤を押せば「ド」の音が出るのですが、音の出し方、即ち弾き方が本当に自分がこれから弾こうとしている曲にふさわしいかどうか、作曲された時代と照らし合わせて演奏するべきです。

大変であってもきちんと時代を追って学習し、演奏方法を知った上で独自の解釈を加味していく事が大切だと思います。

ピアノ教室 徳島市

 - レッスン♪

  関連記事

ピアノ教室 徳島市
サマーチャレンジ、達成者現る!

8月に入り、そろそろ「サマーチャレンジ」も2周目に入ります。 折り返し地点にあた …

ピアノ教室 徳島市
ピアノの練習に向かわせるには

5月の中旬を過ぎ、学生の方達はそろそろ新しい生活にも慣れてきた頃だと思います。 …

ピアノ教室 徳島市
2017年 連弾合同レッスン その9

今回の発表会での連弾ですが、兄妹姉妹で弾くペアが3組あります。 本日は2組目の兄 …

ピアノ教室 徳島
レッスンの腕をあげる法則

1985年に初版され、以来ずっと教育関係者の間で読み継がれている書籍です。 著者 …

ピアノ教室 徳島市
連弾合同レッスン その1

1月中旬より子供の生徒さん達も連弾合同レッスンを始めています。 今週はその2回目 …

ピアノ教室 徳島 発表会
ピアノ発表会の衣装はどうすればいい?

先日は「ピアノ発表会の靴」についてブログに書きましたが 今日は「ピアノ発表会の衣 …

ピアノ教室 徳島市
中級にレベルアップしました!(令和その3)

気候も良くなり小規模運動会や遠足など様々な行事も少しずつ再開されて、ようやく「学 …

ピアノ教室 徳島市 レッスン
ピアノの脱力方法 その1

ピアノにおいても「脱力」という意識はとても大切です。 文字通り「力を抜いている」 …

ピアノ教室 徳島市
サマーチャレンジ達成者2名のご紹介

夏休み終了のカウントダウンが始まる中、本日も滑り込みセーフでチャレンジ達成者が2 …

ピアノ教室 徳島市
新しいピアノが納入されました。

レッスン室に置いてある電子ピアノが、電源を入れるだけでスピーカーからノイズが出る …