徳島市でピアノを習うなら

たけばやし音楽教室

2019年度 公開レッスン その2

   

公開レッスン、2人目の代表生は小学5年のNちゃんです。

小学3年生でピアノを始めたNちゃんですが、真面目に練習をして来るので読譜力もつき順調にここまで進んできました。

課題曲は同じくブルグミュラーの25の練習曲より「無邪気」で、こちらも冒頭部分のフレーズに出てくる16分音符と8分音符のニュアンスの違いをタッチで弾き分ける学習です。

音価(音符の長さ)によってタッチを使い分ける

画面には映っていませんが、この公開レッスンの聴講生はピアノの本当にすぐ近くに座って見ているので、おそらく代表生の緊張感は計り知れないと思います。

その様な中でも講師のアドバイスに素早く反応し、「こう言う事を求められているのかな?」と咄嗟に考えさっと行動に結びつける「即時反応」が出来るのはとても素晴らしい事だと思います。

最後の質疑応答の際に「ピアノを辞めたいと思った事はありますか?」の問いかけに対し、先生は「何十回、何百回もありますよ。ピアノは好きだけど練習は好きじゃないと思っているのは皆さんも私も同じですよ」と答えていました。

そして「でも練習しないともっともっとピアノが下手になっていくし、気が付いたらもう明日がレッスン日だと言う事ありますよね?そんな時は『片手の練習』を沢山さらうと良いですよ。そうすると両手で弾いた時、自分でもびっくりするくらい上手に弾ける時がありますから。私はコンサート前日もそうやって練習しています」ともおっしゃっていました。

この発言は印象的だったらしく、今週のお稽古では公開レッスン参加者の何名からか「片手の練習をやってみた」と報告を受けました。

大人ですと「そうは言っても、向こうは専門家だから(私とは違うわ)」と聞き流す所を、子供であるが故に「へえ、だったら自分もやってみようかな」と思ってチャレンジしてみる、この発想の柔軟性こそが「公開レッスン」の最大の狙いであり目的です。

今回もそれぞれにプラスの効果が現れつつあって良かったと思っています。

代表生の2人もお疲れ様でした。

 - レッスン♪

  関連記事

中級にレベルアップしました!(令和その7)

昨年は「全国緊急事態宣言」により開催中止となった教室の発表会ですが、今年は去る4 …

ピアノ教室 徳島 足台
ピアノを弾く時の姿勢 その1

ピアノは姿勢が大切 私の教室は3歳半からレッスンを受け付けていますが、 その年齢 …

ピアノ教室 徳島市
連弾合同レッスン その6

発表会前にもなると、日曜日も補習レッスンが入る事もあります。 今日は小学5年生の …

ピアノ教室 徳島 発表会
ピアノ発表会の衣装はどうすればいい?

先日は「ピアノ発表会の靴」についてブログに書きましたが 今日は「ピアノ発表会の衣 …

ピアノ教室 徳島市
徳島音楽コンクールに挑戦!

本日10月7日に徳島文理大学が主催の「徳島音楽コンクール」が開催されました。 こ …

ピアノ教室 徳島
ピアノ購入のポイント

先週の寒波の影響か、インフルエンザにかかる人が急増しているそうです。 お気を付け …

ピアノ教室 徳島市 レッスン
ピアノでも歌が大切

レッスンの前後の生徒さん同士で組んで、ペアレッスンでの音階唱の練習です。 ソルフ …

ピアノ教室 徳島市
客観的な視点を持って学習する

水曜日は幼稚園の年長さんが前後で2人、お稽古に通ってくれています。 先にレッスン …

no image
リトミックレッスン2019 その2

7月7日の七夕の日に行われた、第2回目のリトミックレッスンです。 今回のテーマは …

ピアノ教室 徳島市
曲を仕上げると言う事

先日のブログにも書きましたように、只今レッスン強化(追い込み)期間中でございます …