徳島市でピアノを習うなら

たけばやし音楽教室

2019年度 公開レッスン その2

   

公開レッスン、2人目の代表生は小学5年のNちゃんです。

小学3年生でピアノを始めたNちゃんですが、真面目に練習をして来るので読譜力もつき順調にここまで進んできました。

課題曲は同じくブルグミュラーの25の練習曲より「無邪気」で、こちらも冒頭部分のフレーズに出てくる16分音符と8分音符のニュアンスの違いをタッチで弾き分ける学習です。

音価(音符の長さ)によってタッチを使い分ける

画面には映っていませんが、この公開レッスンの聴講生はピアノの本当にすぐ近くに座って見ているので、おそらく代表生の緊張感は計り知れないと思います。

その様な中でも講師のアドバイスに素早く反応し、「こう言う事を求められているのかな?」と咄嗟に考えさっと行動に結びつける「即時反応」が出来るのはとても素晴らしい事だと思います。

最後の質疑応答の際に「ピアノを辞めたいと思った事はありますか?」の問いかけに対し、先生は「何十回、何百回もありますよ。ピアノは好きだけど練習は好きじゃないと思っているのは皆さんも私も同じですよ」と答えていました。

そして「でも練習しないともっともっとピアノが下手になっていくし、気が付いたらもう明日がレッスン日だと言う事ありますよね?そんな時は『片手の練習』を沢山さらうと良いですよ。そうすると両手で弾いた時、自分でもびっくりするくらい上手に弾ける時がありますから。私はコンサート前日もそうやって練習しています」ともおっしゃっていました。

この発言は印象的だったらしく、今週のお稽古では公開レッスン参加者の何名からか「片手の練習をやってみた」と報告を受けました。

大人ですと「そうは言っても、向こうは専門家だから(私とは違うわ)」と聞き流す所を、子供であるが故に「へえ、だったら自分もやってみようかな」と思ってチャレンジしてみる、この発想の柔軟性こそが「公開レッスン」の最大の狙いであり目的です。

今回もそれぞれにプラスの効果が現れつつあって良かったと思っています。

代表生の2人もお疲れ様でした。

 - レッスン♪

  関連記事

ピアノ教室 徳島 赤ちゃん
ピアノ教室の選び方

3学期が本格的にスタートしましたね。 「1月行って2月逃げて3月去る」と昔から言 …

ピアノ教室 徳島市
新しい生徒さん その5

やっとご紹介する事ができる新しい5人目の生徒さんです。 最後にサマーチャレンジを …

ピアノ教室 徳島市
客観的な視点を持って学習する

水曜日は幼稚園の年長さんが前後で2人、お稽古に通ってくれています。 先にレッスン …

ピアノ教室 徳島市
ごほうびグッズ ゲット達成!4

本日、またまた4人目の「サマーチャレンジ」の中間結果でごほうびグッズをゲットする …

ピアノ教室 徳島市 レッスン
ピアノの脱力方法 その1

ピアノにおいても「脱力」という意識はとても大切です。 文字通り「力を抜いている」 …

ピアノ教室 徳島市
令和初!中級にレベルアップしました!

新型コロナウィルス感染拡大の為、毎日暗いニュースが続きますが、今日令和初の「中級 …

ピアノ教室 徳島市
新しい生徒さんのレッスン その3

今日も新しい生徒さんのレッスンがありました。 年中さんのY君です。1月よりピアノ …

ピアノ教室 徳島市
2017年 連弾合同レッスン その11

当教室の発表会では毎回、ほぼ全員がソロと連弾を弾きますが、今回の連弾は教室初の「 …

ピアノ教室 徳島市
2018年度 連弾合同レッスン その15

本日ご紹介する連弾ペア1組目は、小学4年と小学3年の従姉妹同士コンビ、Mちゃんと …

中級にレベルアップしました!(令和その8)

じわじわと感染が広がりつつある新型コロナの変異株について不安を感じない日はありま …